白い犬

寒い日の夜
少女は白い犬を見つけた
白い犬は寒そうに凍えている。
その姿を見た少女は自分の首に巻いていたマフラーを犬の首に巻いてくれた。
しかし、その犬の首には
マフラーと包帯が見えた。
翌日の朝
少女はお母さんの部屋へ向かった。
するとお母さんの部屋にはお母さんの姿は無く何処の部屋を探しても見つからなかった。
がお母さんに着いていた
包帯が落ちていた。
少女は考え込んだ時
後ろから
「ワン」
と悲しそうな声が聞こえた。
少女は後ろを振り向くが誰もいなかった
少女は思い出した。
昨日の朝お母さんは
「貴方はいい子よね。大丈夫よね。お母さんなにかに変身して貴方の優しい所見たいなぁー…」

昨日の会話を思い出した少女の顔には涙が
出ていて地面へと
ポツポツ
涙がこぼれ落ちていった。

はい、語彙力無さすぎのユズルフ編集長です。簡単すぎて笑えちゃうレベルで作成しました。

正解率90%以上とかげ
この謎解きに挑戦しよう!
プレイするにはユーザー登録が必要です。3つの項目を入れるだけ!メアドいらずに数秒で登録できます。
身内で楽しむ事に特化した
『スナップウミガメ』が誕生しました!
チュートリアル問題でどんなゲームか知ろう。